破産宣告にかかる費用はいくら?だいたいの相場・安いところは?

破産宣告にかかる費用はいくら?だいたいの相場・安いところは?

破産宣告にかかる費用はいくら?だいたいの相場・安いところは?

破産宣告とは、消費者金融ローンによる多重債務などで苦しんでいる人が、持っている財産をお金に交換してそれぞれの債権者に分けることによって、いったん負債を清算するための手続きを、地方裁判所が開始するという決定のことをいいます。
破産宣告には「免責」といって、それ以後の借金の支払いについては義務がなくなるという裁判所の決定をともなうのが通例であり、実際のところ、破産者としてはこの免責のほうが手続きをする目的となっています。破産を申し立てる人がまったくの一文無しという場合には、財産をお金に交換するということが不可能ですので、ただちに免責の手続きに移行します。
なお、現在は法律が改正されていますので、この「破産宣告」ということばから「破産手続開始」ということばに置き換わっており、制度の内容にもかなりの変更が加えられています。
破産宣告と呼ばれていた時代には、日本弁護士連合会やそれぞれの都道府県の単位弁護士会が報酬基準を定めており、平均的な費用はこの基準から判断することが可能でした。個人として破産宣告を受ける場合については、この費用は20万円以上となっており、これは「着手金」とよばれる部分などを除いて、原則として免責を得られたときに限り必要とされるものです。
ただし、この平均的な費用というのは、破産宣告に関わる事案での最低限度を示したものです。よって、特に破産を申し立てる人が不動産や車などとしていくらかお金に変えられるだけの財産をもっていた場合には、「破産管財人」という役目を担う必要から、実際には平均的とされる費用の数倍はかかるといわれています。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法